スマート養鶏ソリューション(鶏舎環境計測・クラウド鶏卵日誌)

「あぐりセンスクラウドLight-S」による温度・湿度・CO2 濃度など鶏舎内環境内環境のモニタリングに、 鶏卵向けに機能拡充したクラウド日誌機能をパッケージしたスマート養鶏ソリューションです。

製品資料ダウンロード


鶏舎内環境を適正に管理、異常があればアラート通知で迅速に対応

養鶏事業では、温度管理により鶏の育成状況や品質が大きく左右され、 養鶏場内の温度を24時間体制で一定の温度以下にする必要があります。

臨界温度の27.5℃以上で体温の上昇が始まり、致死温度は47℃程度と 言われています。また、アンモニアの影響も重要で、10ppm以上で灰 の表面に障害が始まり、20ppm以上で呼吸器病に対する感受性増加が みられ、50~70ppm以上になると産卵不良になると言われています。

「あぐりセンスクラウドLight-S」を導入すれば、温度、CO2濃度、 アンモニア濃度などの閾値によるアラートメール通知を利用でき、 鶏舎環境の異常をいち早く察知し、被害を最小限に抑えることが期待 できます。

勘と経験による作業内容の可視化・共有で、技術伝承をサポート

養鶏農家には従事者の高齢化や人手不足の問題もあり、 作業内容を記 録・把握することで作業効率の改善・生産性を向上していくことが重要 です。 また、個々の作業者のノウハウをデータとして記録することで 新規従事者への速やかな技術伝承を手助けすることにもつながります。

従来の営農日誌機能を鶏卵向けに機能拡充し、飼育員とその日の作業内 容、時間、死んだ鳥の羽数などをスマートフォンやタブレットで記録・ 管理できるIT鶏卵日誌を開発しました。

「あぐりセンスクラウドLight-S」の環境データと連携が可能なので、 環境管理と生産管理を紐づけた統合的な管理運用が可能です。

鶏舎環境計測(あぐりセンスクラウドLight-UECS)仕様

型 式AGRISENSECLOUD-3G-LIGHT-S-UECS
通信方式3G
電源AC/DCアダプタ
本体(盤)寸法W250× W175 × D100mm ※突起部を除く
動作温度0~40 ℃
動作湿度25~85% ※結露なきこと
カメラ約120万画素
標準センサ 温度(40~125℃/ 分解能 :0.01℃/ 精度 0.2℃)
湿度(0~ 100%RH/ 分解能 :0.04% 精度 1.8%RH)
気圧(540~1100hPa/ 分解能 : 精度 10hPa)
CO2 (0~2000ppm/ 精度 30ppm 3%rdg)
標準付帯計測項目 積算気温、最高気温 最低気温 露点 飽差、簡易WBGT、簡易不快指数
オプションセンサー 土壌温度・水分・ ECセンサ、 日射センサ、簡易気象計、アンモニア(10ppm以上)
オプション付帯計測項目 積算日射量(MJ/m2)

養鶏管理日誌機能仕様

管理項目 導入年月日、導入時日齢、飼育羽数、隔離羽数、処分羽数、死亡羽数、死亡理由、産卵数、 割れ玉数、作業報告、個人別作業内容、来客記録、機械設備故障、鶏糞記録、製品生産データなど
レポート出力 畜伝染病予防法第52 条に基づく報告、養鶏データ、作業内容、餌まき量、作業項目、来客記録、機械設備故障、鶏糞記録など
その他餌配合データ管理、環境データと産卵率グラフなど

まずはお気軽にお問合せください


0172-44-8133

受付時間: 平日8時15分~17時25分

導入のご相談、デモのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。