ご挨拶


「変革と挑戦」

2021年4月1日より、代表取締役に就任致しました。2020年はCOVID-19により、 大きく社会活動や社会的価値観が変化し、そのスピードも更に加速しています。 また、SDGs(持続可能な開発目標)に対する企業としての取組にも大きな注目が集まっています。 当社でもこれらの変化に柔軟に対応し、持続可能な事業活動を実行して参ります。

当社は、1978年の創業以来、市場ニーズの変化に合わせ、様々な事業へ挑戦してきました。 現在の事業は、光学レンズ・半導体関連・カロリーアンサー・農業/建設IoT製品など多岐に渡ります。

光学レンズ事業は、創業のきっかけになった事業でもあり、現在も多くのお客様からご指名いただき、年々取引先も増加しています。 半導体関連事業も、35年以上前から今のお客様との取引が始まり、最先端の製造技術を提供させていただいています。

カロリーアンサーは、青森県産業技術センターと共同開発し、 世界で初めて近赤外線で食品のカロリーや栄養成分の測定を可能にした当社の代表的な商品です。 健康意識の高まりと共に、これから更に活躍の場が増えることが期待されています。

農業/建設向けのIoT製品は、現場の見える化に貢献しており、デジタル化が進む中、現場での需要が年々増加しております。 今後も持続可能な社会のお役に立てる事業に育てあげるため、新たなモノ・コトへのチャレンジを継続して、 お客様の要求・ご要望に社員一丸となって応えて参ります。

これまでいくつもの困難にぶつかり、その度に「人」に恵まれていたため、何とか乗り越えて来れました。 当社が今事業を継続できているのは、厳しい状況にあった時に、取引先・関係者の皆様、 そして社員が支えてくださったお蔭だと強く感じています。 これから更に社員の物心両面の幸福を追求するためにも変革と挑戦を続ける企業でありたいと願っております。

今後とも引き続きお引き立てを賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

2021年4月
代表取締役木村 祝幸