リモートI/Oボックス(L232-5P)

シリアル通信機器をイーサネットで簡単に遠隔制御

特徴

LAN接続からのシリアルポート操作

リモートI/Oボックスは既存のRS-232C通信機器へ簡単に接続できます。 LAN接続のため、制御側のパソコンにRS-232Cがなくてもシリアル通信が可能です。 さらに通信もLANで行われるため、従来のシリアル通信よりも長距離での通信が可能になります。

LAN接続からのシリアルポート操作

5つのシリアルポートを装備

RS-232Cに接続可能なシステムが周辺に複数台あった場合、従来の他社製品ではリモートI/O(シリアル制御)を複数台用意しなければなりませんでした。本機ではLANケーブルを一本接続するだけで5台のシリアル通信機器が制御できます。

5つのシリアルポートを装備

リモートI/OボックスからリモートI/Oボックスへ

本機を2台用意し、それぞれ送信側/受信側として使用することで、シリアル通信機器をLAN経由で遠隔制御することができます。

リモートI/OボックスからリモートI/Oボックスへ

主な仕様

型式 L232-5P
外形寸法[mm] W 200 x L 140 x H 50
重量 800g
電源 DC 5V/2.3A (DCジャック供給)
シリアルポート部 コネクタ形状 D-Sub9ピン オス No.4-40UMCインチネジ
ポート数 5
ボーレート 110 / 150 / 300 / 600 / 1200 / 2400 / 4800 / 9600 / 14400 / 19200 / 31250 / 38400 / 57600 / 128000
データ長 7ビット / 8ビット
パリティチェック なし / 偶数 / 奇数
ストップビット 1ビット / 2ビット
フロー制御 なし / ハードウェア (RTC / CTS) / ソフトウェア (Xon / Xoff)
LANポート部 コネクタ形状 RJ-45(パルストランス内臓)
ポート数 1
通信規格(ビットレート) 10BASE-T / 100BASE-TX
通信設定(TCP/IP) MSS 1460
通信ポート 5200 (初期値)
受信アドレス 192.168.68.92 (初期値)
通信設定 (UDP/IP) MSS 1472
通信ポート 5100
受信アドレス ローカルブロードキャストアドレス
絶縁I/O 絶縁入力 フォトカプラ絶縁による電流駆動入力
チャネル数 6
絶縁出力 フォトカプラ絶縁によるオープンコレクタ出力
チャネル数 6
※別電源(DC 12V - 24V)が必要
絶縁A/D 10ビット A/Dコンバータ
チャネル数 2
※DC 5Vまで
システム部 MPU 16 ビットシングルチップマイコン
内蔵ROM 256 kバイト
外部RAM 2 Mバイト
RTC 外付けRTC (カレンダーおよび時計機能を内蔵)
2099年までのオートカレンダー、閏年対応
(精度± 5 ~ 100 ppm -45 ~ 80 ℃)
SDカードスロット 1
動作温度 温度 0℃ ~ 40℃ 湿度 20% ~ 85% ※結露なきこと
保存温度 温度 -10℃ ~ 50℃ 湿度 20% ~ 85% ※結露なきこと

製品サポート

  • お問い合わせはフリーダイヤル 0120-006-305
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 取扱い説明書・パンフレット・ソフトウェアのダウンロード
ページの先頭へ