CSR/働きやすい環境づくり

働きやすい環境づくり

当社は、CSR(企業の社会的責任)の重点分野のひとつに人材を挙げ、「多様な従業員が成長し活躍できる場を提供する」を基本テーマとして 男女が平等に就業できるように、また「安全」で「健康的な」職場づくりを長年に渡り取り組んでいいます。

 

ワークライフバランス促進の取り組み 当社は、永年して社員が安心して働き続けられるよう、仕事と生活の両立ができる環境づくりを推進しています。 週1回以上の定時退社日の徹底、週40時間以上の就業はおこなわないよう、各部門管理者には計画、対策の徹底を指導し、生産量の維持・拡大の両立を推進しています。
各部署での取り組み事例 : ITビジネス課
その日、1日の業務予定を、1時間区切りでホワイトボードに記入し、誰もが見れる位置に掲示しています。 1日の計画を立てることにより、実績との差や、社内打合せや他部門にかかる時間など予測し、その中で終わるように努めています。 例えば、営業業務で、営業資料を9割、実際の営業が1割などの時間配分では、キチンとした営業が出来ていない、業務の改善が必要であると、実態が見えていきます。

 

男女雇用機会均等の取り組み 当社は、男女の雇用機会均等施策に早くから取り組んでいます。 昭和63年度(1988年)年から平成15年度(2003年)の間は、託児施設(すくすく保育園)を会社に設け、女性の育児、復職を支援し促進して参りました。 その施策のおかげで現在(2014年4月現在)は、課長級の女性比率が30%を越えております。
また、2014年4月現在での社員に占める女性従業員の割り合いは、43%と女性が活躍しています。
男女の賃金格差を完全に廃止し、出産・育児休職後の復職率は制度導入以来95%以上と平均より高くなっています。 また女性の勤続年数は、男性の勤続年数より上回っています。
改正男女雇用機会均等法の施行(2007年4月1日)により、職場におけるセクシュアルハラスメントについては、当社規程に基づいて必要な措置を講じています。
平成6~15年度 託児施設利用者の推移(子供数)
平成6年 15名 平成11年 21名
平成7年 19名 平成12年 25名
平成8年 21名 平成13年 26名
平成9年 26名 平成14年 16名
平成10年 26名 平成15年 10名

 

6S委員会の設置 当社は、6S委員会の設置し、活動を通して、社会人としてのマナー、整理・整頓、清掃・清潔、報告・連絡・相談などを 徹底的におこなう、人材を育成し、地域社会に貢献できるような「人づくり」をおこなっています。 お客さまから頂いた、お仕事や、当社製品やサービスなど「人づくり」は「モノづくり」と考えこれからも、お客さま第一主義を 貫き、「安心」、「安全」な職場づくりを目指していきます。
ページの先頭へ