CSR/JGAP指導員資格

JGAP指導員資格 -農産物の調達-

当社は、JGAP指導員資格を積極的に取得し、農産物の環境・資源の保全により農業の持続性を確立し、農業者の作業の安全や消費者の食の安全などを確保するための取り組みを推進しています。

 

JGAPとは 「Good Agricultual Practice」の頭文字をとったもので、「農業生産管理」(農林水産省2007年)、「適切な農業管理とその実践」(日本GAP協会2006年) などと略されております。
日々の農場管理という仕事の中で実施すべき最低限の基準で、新しい農場管理手法、それがGAPです。
工場などでは工程管理における品質保証が必須であるように農業の分野でも農産物、トレーサリビティーなどにおける工程の品質保証の手法です。
相談承ります 世界基準の安全性を実現するため、各産地. でGAP的手法を活用し、より良い農業を生産者とともにめざしています。
JGAPについて相談したい、農業にITを使ってみたい、ハウスの温度、湿度などを取得し、品質や収量を増やせるように、適切に管理・運営したいなどの、ご相談等がありましたら ご気軽に当社までご連絡ください。
ITのプロ、JGAP指導員の私たちがアドバイスいたします。
JAISA 日本農業情報システム協会への法人入会 JAISA 日本農業情報システム協会は、IT、ICTの力で「農業を良くしよう」と、経営、農業、IT、組込み、ロボット等のプロの人達(個人、企業、団体(大学など)) が集まった任意団体です。
作物、土壌、気候、規模などで農家様に合うもの、合わないツールがあります。
自社、他社関係なく、その農家に合ったものを選定しご提供することが当たり前なことかと考えております。
ご興味、相談などありましたら、下記バナーをクリックするか事務局に直接ご連絡くださいませ。

 

 

JAISA 日本農業情報システム協会のフェイスブックでは 多くの農業情報を取得できますので「フォロー」お願いいたします。

頑張っている農家様の応援 頑張っている農家様をホームページに無料で紹介する活動および、あおもりの良いもの、農産物を紹介する」 「あおもり良いものファーム」を運営しています。

GAP手法の詳細につきましては、弊社のページを参照してください

ページの先頭へ