カロリーアンサー

近赤外線分光技術やFAセンシング技術を利用した画期的な測定システムをご提供いたします

開発経緯

現在、個々の食材のカロリーを正確に測定するには化学分析による測定が必要で、専門知識や専用の測定機材を必要とし、しかも約2週間と長い時間を要します。そこで弊社は「(独)青森県産業技術センター」と共同で、非接触の分析方法である近赤外線分光分析法を導入した食品カロリー測定器「カロリーアンサー」を開発しました。(特許4104075号、商標登録第4801057号)

 

保有特許一覧へ

カロリーアンサー シリーズ

カロリーアンサー(CA-HN)

近赤外線を利用した食品カロリー測定器です。食品のカロリーを非接触・短時間で測定することができます。また、たんぱく質・脂質・炭水化物・水分についても参考値として測定できます。
>>さらに詳しく

カロリーアンサー(CA-HN)

カロリーアンサー(CA-HM)

近赤外線を利用した食品カロリー測定器です。本製品ではシングルビーム方式による安定性の向上に加え、透過方式測定が可能となり飲料などの液体食品や、水分の多いペースト状の食品も測定することができます。
>>さらに詳しく

カロリーアンサー(CA-HM)

カロリーアンサー塩分計(CA-SL)

カロリーアンサーやパソコンにUSB接続できる電気伝導式の塩分計です。カロリーアンサーとの連携のほか、パソコンのUSB端子に接続し、付属の専用ソフトウェアで単体使用することもできます。本製品はカロリーアンサーのオプションとなっております。

カロリーアンサー塩分計(CA-SL)

フードプロセッサー

カロリーアンサーで測定する試料を粉砕し、ペースト状にするフードプロセッサーです。ガラスボトル、オールインワン収納も可能です。カッターやヘラなど消耗品ももちろんご用意しております。

フードプロセッサー

ラベルプリンター

カロリーアンサーで測定した試料のカロリー、炭水化物・たんぱく質・脂質・水分(いずれも参考値)を、100g当たりおよび試料の総量当たりの結果をラベル印字できます。測定した試料の管理や、そのまま試料の包装に貼付したりと便利です。交換用ラベルもご用意しております。

ラベルプリンター

研究パートナー(外部リンク)

関連情報

  • カロリーアンサー通信
ページの先頭へ