農業IT/農業ICT導入事例 八幡平企業組合 ジオファーム八幡平 さま

相談内容:馬ふんを発酵させてつくった堆肥を使った、地熱温水利用農業の環境計測ツールに!

岩手県八幡平市の企業組合「八幡平地熱活用プロジェクト」様

岩手県八幡平市の農場「ジオファーム八幡平」では、約2ヘクタールの牧草地で13頭の馬を飼育、その馬ふんを発酵させて製造した堆肥を利用し、マッシュルーム等の農産物を栽培している。ジオファーム八幡平は、競走馬の育成師だった船橋慶延氏らが2014年に設立した企業組合「八幡平地熱活用プロジェクト」が運営している。

一般的に施設園芸においては、冬季は暖房等によるコストがかかるため、苦労している生産者はの声は多く、八幡平市でも冬季の気温は約マイナス10度まで下がる。ジオファーム八幡平では、熱交換器を使用して温泉熱を取り出し、ハウス・堆肥舎の温度調節に利用することで、石油・電気使用量およびCO2排出量の削減と、安定した通年生産を実現している。

農業ICT事例紹介ジオファーム007
農業ICT事例紹介ジオファーム004

導入背景 ・課題

  • 八幡平市の豊富な地熱資源を利用し、寒冷地では実現しなかった冬春の栽培をおこないたい。
  • 地熱として利用する温泉水の温度を環境計測したい。
  • 利用されたハウス内の温度や、地中温度や積算温度・積算日照など環境計測したい。
  • そのデータから寒冷地における冬の野菜栽培において野菜、品種など適する作物を検討したい。
  • スポット的な暖房やCO2の施用、光合成促進、最適な水分量など今後の栽培技術方法の改善などをおこないたい。

ビジョン

現在、同組合では八幡平市、ローソンと共同で、馬ふんを発酵させて製造した堆肥と、地熱・温水を利用して、ピーマン等の夏野菜の栽培に取り組んでいる。ハウスは5棟で、畝の周囲にビニルホースを通し、温泉水を循環させることで地温を調節する。流通量の少ない冬季にも生産可能になることで、高単価で取引できることになる。寒冷地での冬の農業を実践し、通年収入を得られるビジネスモデルを構築していく。
栽培した夏野菜であるピーマンは、冬春に「八幡平ブランド」としてローソンが店頭で販売する。今後栽培面積を増やし収量がUpしてくれば関東地区のローソンストアでも販売していく。

農業ICT事例紹介ジオファーム003

導入内容

  • ハウス5棟 : あぐりクラウド1ヶ、あぐりセンス3ヶ 920MHz,3G
  • 温泉水 温度を測定する防水型水中センサ
  • 温度、湿度、炭酸ガス、日射センサ
  • 土壌水分・温度・ECセンサ

 

あぐりクラウドの製品サイトへ
農業ICT事例紹介ジオファーム006

導入効果と今後

同組合では、これらハウスの温度など環境情報の収集・分析のため「あぐりセンス」「あぐりクラウド」を導入、各ハウス内の環境情報をモニタリングしている。今後は、収集したデータを元に、地中熱を効率的に利用する工夫や、暖房のスポット利用、炭酸ガスの施用などを視野にいれている。

農業ICT事例紹介ジオファーム003

八幡平企業組合 ジオファーム八幡平 さまご紹介

企業組合 八幡平地熱活用プロジェクト(岩手県八幡平市)が運営する、地熱と馬ふん堆肥を活用した未利用資源の地域循環型有機農業と販売を手がける「ジオファーム八幡平」 おもな商品は、「八幡平マッシュルーム」と「プレミアム馬ふん堆肥」。

ジオファーム八幡平さまホームページへ

※このページで使用されている写真は各社の許諾を得て掲載しています。私的利用その他法律によって認められる場合を除き、無断で使用することは法律で禁止されています。

設置例/運用場所

シーカメラ嶽きみ運用設置 シーカメラ嶽きみ取得画像
シーカメラ定点取得画像(2014.8.3012:00)
嶽きみ(とうもろこし)の生産地(弘前市常盤野地区)
嶽きみ畑に、設置し運用しました。静止画像を30分ごとに取得し、温度・湿度データと ともに、サーバにアップロードし、監視いたしました。昼夜の寒暖の差がはっきりわかり、嶽きみの「甘さ」ブランドとうもろこしの秘密を センシングすることで確認しました。
シーカメラ貝沢りんご圃場運用設置 シーカメラ嶽きみ取得画像
りんご圃場(弘前市貝沢地区)
減農薬の高品質なりんごを栽培している、農家様のりんご圃場に設置しました。自宅と圃場が20km離れているため、水分ポテンシャルも計測し、灌水などの情報や、霜発生の予測 も入れています。
シーカメラJAつがる弘前様西目屋村大秋地区 シーカメラJAつがる弘前様弘前市十面沢地区
JAつがる弘前様
弘前市和田町にあるアメダスとちょうど、三角に結ぶようなりんご圃場にシーウェザー、シーカメラを二ヵ所設置しました。 園地の状況をリアルタイムで確認することができ、降雪期の積雪や鳥獣などの侵入の監視が可能です。 さらに装置の電源を利用し、鳥獣によるりんご樹の花芽や樹皮の食害などの対策として忌避機器の実証試験もおこなっています。災害時は非常用電源として装置からの電力供給が可能です。

製品サポート

  • お問い合わせはフリーダイヤル 0120-006-305
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 取扱い説明書・パンフレット・ソフトウェアのダウンロード

関連情報

  • 農業IT導入事例_八幡平企業組合さ
  • 農業IT導入事例_減農薬りんご生産農家さま
  • 農業IT導入事例_民間稲作研究所さま
  • 農業IT導入事例_つがる弘前農業協同組合さま
  • 農業IT導入事例_りんご研究所様
  • シーカメラ購入、レンタル
  • シーカメラ特設サイト
  • あぐりクラウド特設サイト
  • あぐりセンス特設サイト

リンク

  • 日本農業情報システム協会
  • FOOD ACTION NIPPON
  • 無料ホームページ
  • あおもり良いものファーム
  • 減農薬りんご
  • 青森の正直、決め手
ページの先頭へ